忍者ブログ
航空機モデル・鉄道模型・ジオラマの制作日記と架空鉄道の話題
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
なんてつ              
性別:
男性
趣味:
鉄道模型 ・ ドライブ 
アーカイブ
最新コメント
[11/11 なんてつ]
[11/11 タカ]
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



リバース線の築堤を制作しました。

scr00000.jpg

築堤パーツをレール高さに合わせて指定するだけで築堤が出来上がり。

PR


 

芸術の秋!

ということで鉄道模型レイアウトを新たに制作していきたいと思います。

今回のレイアウト制作は、実物の鉄道模型を使用せずに、パソコンの仮想空間にレイアウトを製作します。使用するソフトは、「鉄道模型シミュレーター」です。少しずつ制作状況をアップしていきます。

制作するレイアウトのサイズですが、仮想空間に制作するので収納や置き場所を気にすることなく制作できるので10m×20mのビックサイズです。

いつもなら制作の第1歩はレイアウトのベースとなる土台作りですが、今回はソフト上でレイアウトのサイズを指定するだけで終了です。よって、レイアウト制作の第1日目はレールの配置と中央駅の設置です。

29da39cc.jpeg

まずはレール配置です。L型のレイアウトで全線複線です。それに単線のリバース線と車庫線・車庫出入庫線を追加しています。このソフトのレール規格を、いまだによく理解していないので周回配置にする時、最後のレール接続処理に苦労しています。

ecf04c46.jpeg

こちらは中央駅です。線路は7線で島式ホーム3面の構成です。1・2番線ホームは行止まりで特急専用ホーム。3・4番線ホームは内回り。5・6番線ホームは外回り、7番線は貨物用としました。写真の特急が止まっているホームは3・4番線ホームになります。今のところ設置したストラクチャーは駅ビルとホームぐらいです。次回の制作は道床の制作を考えています。

 



忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=