忍者ブログ
航空機モデル・鉄道模型・ジオラマの制作日記と架空鉄道の話題
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 5 6
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
なんてつ              
性別:
男性
趣味:
鉄道模型 ・ ドライブ 
アーカイブ
最新コメント
[11/11 なんてつ]
[11/11 タカ]
ブログ内検索
アクセス解析
[147] [146] [145] [144] [143] [142] [140] [139] [138] [137] [136]

講談社から 「鉄道模型少年時代」が創刊されました。 さっそく創刊号を買ってきました。

20090822_001.JPG

箱の中には冊子と今回のパーツである車両、それとスタートアップDVDが入っていました。

 

講談社からは2年前の2007年7月に、「昭和の鉄道模型をつくる」が発刊されていて、「鉄道模型少年時代」はその続編みたいなものです。 今回も前回と同じく65cm×45cmの小型レイアウトにジオラマを作ります。 全75号で1年半にわたって架空の世界「里山交通」を作り上げていきます。

創刊号は特別価格の790円ですが2号以降は1590円、全部購入すると119,610円になります。 2号の発売は9月3日ですが購入するかどうか検討中です。

 

まずは冊子から

20090822_002.JPG

冊子はA4横サイズです。 内容は鉄道や鉄道模型に関する内容となっていました。 製作するレイアウトは建物の照明が点灯し、さらに5つの効果音が出るそうです。 創刊号から50号まで購読すればオリジナルの車両が1両プレゼントされるそうです。

創刊号に付属の模型パーツ「里山交通キハ1001型」車両です。

20090822_004.JPG

旧国鉄気動車キハ04をプロトタイプにした車両です。 模型自体はトミーテックの鉄道コレクション第10弾キハ04型のカラー違いです。

20090822_005.JPG

動力ユニットは25号に付属されるということみたいです。

20090822_003.JPG

スタートアップDVDです。 内容は、「完成ジオラマと車両の走行イメージ映像」と「組み立て方のダイジェスト」でした。

9月3日発売の次号の付属品は、里山交通の駅舎です。 トミーテック建物コレクションの「駅A 田舎風の駅」のカラーバリエーションと思われます。 建物コレクションでは駅舎とホームがセットで1575円ですので、価格の面からも「鉄道模型 少年時代」では駅舎とホームは別々になるみたいです。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=