忍者ブログ
航空機モデル・鉄道模型・ジオラマの制作日記と架空鉄道の話題
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
なんてつ              
性別:
男性
趣味:
鉄道模型 ・ ドライブ 
アーカイブ
最新コメント
[11/11 なんてつ]
[11/11 タカ]
ブログ内検索
アクセス解析
[298] [297] [296] [295] [294] [293] [291] [292] [288] [287] [285]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今年10月に京都発の「しまかぜ」が増発されて、実車の「しまかぜ」近鉄50000系は6両編成3本の体制となりました。

模型の世界では京都発の「しまかぜ」がデビューした10月に、バンダイのBトレインショーティー(略してBトレ)からまずはデビューしました。



Bトレインショーティー 近鉄観光特急「しまかぜ」

ちゃん~~と「しまかぜ」しています。
発売後すぐに購入。6両編成2本を所有しています。

そして
Nゲージ鉄道模型の方はというと、トミックスから発売予定との告知がありました。そのトミックスからクリスマスを前にNゲージ「しまかぜ」がデビュー(発売)されました。発売されたのは、「限定品の6両フル編成セット」と「基本3両セット」、「増結3両セット」の3商品です。



「基本3両セット」(写真:左)と「増結3両セット」(写真:右)を購入です。

それでは車庫線ジオラマでお披露目です。



Nゲージ鉄道模型の近鉄観光特急「しまかぜ」!!
やっと手に入れることが出来ました。

ちなみに、コレがBトレも含めて3本目の「しまかぜ」です。実車同様3本所有することになりました。



Bトレと並べてみました。



Bトレも初めて手にしたときは「しまかぜ」感をすごく感じましたが、やっぱり本家本元のNゲージ「しまかぜ」と比べてしまうとBトレはBトレですよね。
でもでも、小スペースでコンパクトに楽しめるBトレの世界においてこのBトレの「しまかぜ」感はバリバリです。

ではでは、本家Nゲージの「しまかぜ」紹介です。



大阪難波・京都・名古屋方の先頭車で6号車・ク50100形です。伊勢湾側が2列シートになっています。



5号車・モ50200形です。パンタグラフを1基搭載しています。



4号車・モ50300形。サロン・個室を備えています。



3号車・サ50400形。ダブルデッカーでカフェ車両となっています。



2号車・モ50500形。パンタグラフ2基搭載しています。車体は4号車・50300形を180度反転した形状ですが、2列シートの向きと床下機器の違いを再現しています。



賢島方の先頭車で1号車・ク50600形です。この車両も6号車とは室内のシートや床下機器の配置の違いを作り分けています。

実車同様6両編成3本の「しまかぜ」を手に入れることが出来てよかったです。
季節がらコレがクリスマスプレゼントになったかな?
ねぇ?! サンタさん。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=