忍者ブログ
航空機モデル・鉄道模型・ジオラマの制作日記と架空鉄道の話題
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
なんてつ              
性別:
男性
趣味:
鉄道模型 ・ ドライブ 
アーカイブ
最新コメント
[11/11 なんてつ]
[11/11 タカ]
ブログ内検索
アクセス解析
[272] [270] [271] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 去年の末ごろ購入したままで、年越しをしてしまったBトレ「DD51形ディーゼル機関車A更新車+B更新車」を、上信電鉄デキ1に続いて組み立てました。



愛知機関区に配置されたいたA更新車(青色)の重連を再現したくて2箱購入しました。



先に台車を組み立てます。



続いてボディーを組み立てていきます。
ここで、次の取り付けパーツを確認していると問題が!



愛知機関区に配置されていたDD51形A更新車は800番の機関車でした。よってフロントガラスの形状は、B寒地・一般(通常ワイパー)ということになります。
しかし、そのパーツが見当たりません。セットに入っているのはA寒地(旋回窓)のパーツだけです。
そして取説にはこんな記載が・・・。

 

取説の注意書きにもあるように、「正面パーツ、屋根パーツなどはセットされているパーツが異なります」となっているので、フロンドガラスのB寒地・一般(通常ワイパー)が入っていないのは仕方がないのですが・・・。



凱旋窓のA寒地仕様になってしまいますが、仕方がないのでここは目をつぶります。



屋根のパーツは嬉しいことに800番代車のパーツが入っていたので、その屋根パーツを取り付けてDD51ー800番代車としてボディーを組みあげました。

しかし
バンダイさん、なせ?屋根パーツをオマケで付属するならフロントガラスもオマケしてくれなかったの?。



下まわりの台車とボディーを組み合わせれば、愛知機関区の「DD51-800番代A更新車」の完成です。

ちなみに、相方のB更新車(赤色)も組み立てました。



実車のDD51・B更新車は北海道で活躍しています。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=